読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うにっき

なにげなく気付いたことや、「聞いて聞いて」って思ったことを気軽に・好きな時に書きたいと思っています。

vol.1

それはまるで、流れのない川底の、澱の中に潜んで傷を癒す得体の知れない生き物のよう。



野の草花の茎に生える繊毛を、逆撫でした時に刺さる細かい無数の見えないほどの小さな棘は、抜いても抜いてもなくならない。

普段は忘れてしまうほどの刺激でも、時々光が当たるとキラキラするから気付かされる。
そのキラキラ光る棘を触ると思いの外痛くって。

でも、光るから触らずにはいられない。

その痛みを伝える事が出来なくて、でも目に見えないから黙っていたら気付いてももらえない。


そうしてまた、澱の中。
出口のない、澱の中。

そんな事をしてても癒されることは叶わない。
叶わないことに気付いているのに。

繰り返し、繰り返し。


素直になれない。
出る方法がわからない。

f:id:unitten:20151112213251j:image